妊活中に婦人病の妙薬とも言われる当帰芍薬散を服用しました


結婚してすぐに妊娠を望んでいましたが、同時に生理不順も気になっていました。

しかし結婚したばかりで不妊治療を受けるにはまだ早いかな?と考えていた頃に思い出したのが漢方薬でした。
まだ若い独身の頃、生理痛に悩み主治医に「当帰芍薬散」を処方してもらいましたが、なかなか飲み続けていくのが億劫で止めてしまったことがあったのです。

その医院に行き、妊娠を望んでいること、生理不順があることを相談すると再び「当帰芍薬散」を処方して下さいました。

当帰芍薬散の効能を調べてみると主に、体を温め冷えを改善する、血流を良くする、ホルモンバランスを整えることで、結果、生理周期を整え、妊娠しやすい身体づくりができるそうです。

独身のころより真剣に飲み続けると、35~40日周期と遅めだった生理周期が32日くらいに短縮されて正常に近づいてきました。

しかしそれでもなかなか妊娠はできず、半年後には婦人科を受診しタイミング法を試しました。

結局当帰芍薬散を飲み続けてから妊娠するまでに1年かかりましたが、生理周期を整えるということで妊娠へ一歩近づいたことは間違いないと思っています。

また当帰芍薬散は妊娠してからも「安胎薬」として流産予防に飲み続けられることも魅力的でした。

漢方薬は体質により合う合わないがあるので、全ての方の妊活中の「当帰芍薬散」が役に立つとは言えないのですが、現在病院で保険で漢方薬を処方する医院も増えているので、一度漢方処方をしている医院に相談してみることをおすすめします。

試したことがある漢方の名前

当帰芍薬散

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA